本文へ移動

特別養護老人ホーム松山荘

事業者番号0272200197(介護保険指定事業者及び生保指定機関)
指定介護老人福祉施設
新型特別養護老人ホーム

新型特養(全個室ユニット型)とは?

 これまでの老人ホームは、入所者全員が食堂で一斉に食事をしたり、入浴したり、日々の活動をするなど、大集団での生活スタイルでしたが、新型特養は10人単位の家(ユニット)として個人のプライバシーが守られ(全個室)、10人程度の仲間やスタッフとともに馴染みの関係をつくるセミプライベート空間(共同生活住居、居間)において、一人ひとりの個性や生活リズムを大切にして、自分らしく生きるための生活スタイルです。
 さらに、複数のユニットの入居者と交流したり、仲間づくりをするセミパブリック空間(談話室)、全ユニットの入居者が一堂に会するセミパブリック空間(交流ホール)、地域の人たちと交流するパブリック空間(地域交流ホール、庭園、足湯、農園)など、介護が必要な状況になっても、元気で在宅生活を送られた時と同じように、ごく普通の生活ができるように配慮された老人ホームです。

中庭

足湯

施設の概要

開設年月日

昭和54年4月1日(平成25年7月1日移転改築)

利用定員

75名

建物

鉄筋コンクリート造2階建て及びPH階。延べ床面積6,352㎡(敷地面積11,353㎡)。
全館床暖房及び冷暖設備(※居室はエアコン付)

居室

全室個室。個室面積17.5㎡(10畳程度、トイレ1.5㎡)
ベッド(寝具一式)、エアコン、洗面台、一部トイレ付、ロッカー付、チェストなど

居室設備

ベッド(寝具一式)、ロッカー付チェスト、エアコン、TVアンテナ、洗面台、一部トイレ付

ユニット内共有設備

玄関、共同生活室兼食堂、談話コーナー、キッチン、洗濯室、物干し場、屋外活動場など。

ユニット外共有設備

地域交流ホール、情報コーナー、喫茶コーアー、茶室、入居者交流ホール、医務室、ナースステーション、静養室、ユニット及び統括スタッフルーム、多目的室、面接・相談室、談話室、ボランティアルーム、スクリーン付会議室、寝台用エレベーター2基(15人用・11人用)、自販機コーナー、足湯、中庭(和洋折衷四様式庭園)、大庭園、遊歩道、農園、駐車場(約80台)など。

入居料(生活費用)

例)施設に住所を移動し、年金額が80万円以下(2段階)で要介護度1~5の場合は月額48,600~51,300円です。(高額介護サービス適用後) ※寝具、おむつ、洗濯、一般日用品等の負担はありません。医療費は自己負担です。

館内案内図

1Fフロア

2Fフロア

松山荘パンフレット

交通アクセス

お問い合わせ

青森県弘前市大字一町田字浅井443-1
電話:0172-82-3500 FAX:0172-82-3222
TOPへ戻る